0744-23-8611

夜間・土曜日・日曜日の法律相談もしております。
電話受付時間中にご予約ください。
相談可能時間は、弁護士のスケジュールにより変動の可能性がありますので、予約時にご確認ください。

睫邁斗裟萓犬鮗鼎喊緤深卩酳館追悼展のお知らせ

2012年10月 内橋 裕和

 私の恩師であり、佐々木育子弁護士の恩師でもある睫邁斗裟萓検米酖堊躪臻[Щ務所)が急逝されて、早や1年が過ぎてしまいました。

 このような先生がおられたことを、当事務所のホームページを見ていただく方々にも知っていただきたく、私が奈良弁護士会会報に寄せた文章を掲載します。

 また、睫鄒萓犬里海譴泙任諒杆邀萋阿反擁舛鮗鼎咫公益財団法人奈良人権文化財団水平社博物館 (御所市柏原235−2)では 9月25日から11月11日まで、睫邁斗妻杆郢 追悼展 が開催されています。

 興味を持たれた方は、是非水平社博物館に足を運んでいただければ幸いです。


睫邁斗裟萓犬鮗鼎鵑

 偉大な弁護士である睫邁斗裟萓犬,昨年9月13日骨髄異形性症候群による急性心不全で逝ってしまわれた。

 睫鄒萓犬蓮す短鎧件の弁護団の中心メンバーとして無罪を勝ち取ったり,数々の無罪を獲得する一方,「更生に資する弁護」を提唱,実践された偉大な弁護士でもあった。 このことは,多くの人が認めるものであるので,私は睫鄒萓犬凌閥瓩砲い晋綰擇箸靴董だ萓犬凌擁舛鮟颪い討澆燭い隼廚Α

 私と松原脩雄先生とが,今から30年前,地縁も血縁もない奈良の八木で,また即弁として事務所を開いた時,仕事もないので,甲山事件の弁護団に入れてもらい,初めて睫鄒萓犬箸会いした。

 怖い人だった。

 法廷の合間の昼めし時は,いつもマンガに集中していて,近寄り難かった。

 神戸地裁のもと陪審員裁判の広い法廷で,私を隣に座らせ,お前は声もでかいし,態度もでかいので,俺の隣に座って,俺が合図するので,その時は立って「異議」と大声で言えと命じられ,その通りすると,裁判官から「異議の理由は」と聞かれ,うまく答えられないと,睫鄒萓犬すっくと立ち,「今の弁護人の理由は間違いで」と言って,滔々と異議理由を述べた。

 私の友人で,睫鄒萓犬閥Δ吠杆鄰弔鬚笋辰討い真擁は,睫鄒萓犬妨靴靴詰められ,円形脱毛症になった者もいる(今は元気で,睫遒猟鏤劼般松茲辰討い襦法

 厳しい人でもあった。

 そして,「アホ,ぼけ」が度々連発された。  仕事の少ない私に,奈良の中南和の睫鄒萓犬慮槎篝茲箚愀玄圓了件を一緒にやろうと誘われ,その時ペイペイの私と,着手金も報酬も,「バッジをつけたら期に関係なく(睫鄒萓犬六笋茲蠅7期も上だった),一人前や」と言って,半分ずついただいた。

 偉大な弁護士である睫邁斗裟萓犬,昨年9月13日骨髄異形性症候群による急性心不全で逝ってしまわれた。

 やさしい人でもあった。

 田川和幸先生の弁護士任官に当って,奈良へ来て欲しいと頼む私に,快くそれを引き受けていただいた。

 義理の人でもあった。

 私がはじめて殺人の無罪主張の事件をやっている時は,弁論要旨を見てもらったりもした(勿論,弁論要旨に対しては,「アホ,ぼけ」を連発された)。お蔭で一審で無罪が確定した。

 ある運動体の分裂に当っては,双方の代理人となり,仮処分,訴訟等の相手方として闘った。

 熱い思いを持った人だった。

 そして,よく飲んだ。ケンカもした。 睫鄒萓犬酔っぱらうと,私が睫鄒萓犬虜睇曚ら2人の飮み代を支払い,翌日,「昨夜は俺がおごったったんやで」と言うと,何も知らない先生は,「ありがとう,済まんなぁ」と言ってくれた。

 間の抜けた人でもあった。 私宅で飮み,私の息子に,いきなり「分数でつまずくから,今から教えてやる」と言って教え出し,息子に「お前,できへんなぁ」と言った。息子は,それから算数嫌いになった。

 しかし,息子の高校入学に際しては,息子をカナダのキングサーモン釣りに連れて行ってくれた。

 やさしい思いやりのある人だった。

 いつのころからか,私が睫鄒萓犬髻屬っさん」と呼ぶことを許してくれた。私も何回かカナダの釣りに行き(その時の写真がこれです。ずっと前から,私のパソコンのスクリーンカバーは,この写真です),同じ部屋で寝泊まりしたが,全く片づけができない人で,奥様から一日ごとの着替えのパックを入れてもらっていても,面倒だと言って2日も着替えないこともあった。

 無頓着な人でもあった。。

 一昨年には,ペルーのスラムの学校にカンパを届ける旅に奥様と一緒に参加してもらい,朝から中庭でピスコ(ブドウの蒸留酒で極めて強い酒)を飲んだが,スラムをみた時,一瞬息を飲み,目に涙を見せた。

 実は細やかな心の持ち主でした。

 低血糖で,救急車で運ばれたと聞き,大阪で飲んでいてすぐ県立奈良病院に駆けつけたが会えなかった。しかし,回復し,仕事にも復帰されたが,また入院となった。

 度々見舞ったが,病と闘い,苦しい時を過ごされた。

 私との最後の話は,「内橋,ビール買って来い」であった。

 最期まで飲みすけだった。

 しかし,睫鄒萓犬虜粘の顔は,本当に穏やかであった。

 生前,私が「私が先に死んだら,おっさんが弔辞を読んで下さいよ。おっさんが死んだら,俺が読んだる」と言ったら,「お前みたいな文章のヘタなやつには読んで欲しくない。俺の弔辞は後藤貞人に読んでもらうんや」とのことであったが,告別式に後藤貞人先生がどうしても欠席できない裁判員裁判があり,偶々私が弔辞を読んだ。

 必ず泣いてしまうと思ったので,妻には来なくてよいので,家で手を合わせておいてと頼んだ。

 やはり弔辞を読む際,私はこみあげる悲しさと懐かしさで泣いてしまった。

 最期まで私を悩ませる人であった。

 睫鄒萓犬蓮ぁ峅兇呂前の子供が欲しい。俺とお前の子供やったら,日本一の弁護士になるなぁ」と言ってくれた。

 私は,こんな素晴らしい睫鄒萓犬判于颪┐燭海箸,私の最大の宝です。

 おっさん!!戻って来い!!また二人で酔っ払おう,ケンカしよう!!

 天国で安らかに眠らせません。

 いつまでも酒を片手に,「アホ,ぼけ,しっかりせぇ」と言い乍ら,先生の馬鹿な弟子を見守って下さい。

 また,そちらで会える日まで。

Copyright (C) Nara Sougou Law Office. All rights reserved.