佐々木 育子
佐々木 育子
経歴
1971年2月 宮崎県延岡市で出生
1993年3月 東北大学法学部卒業
1995年11月 司法試験合格
1997年3月 東北大学大学院
法学研究科前期課程
(私法学専攻)卒業
1997年4月 司法研修所入所
(実務修習地 奈良県)
1999年4月 奈良弁護士会にて弁護士登録(51期)
2009年 奈良県
社会保険労務士会登録

興味のある分野

  1. 高齢者や障害者の権利擁護にかかる法律問題
  2. 成年後見、虐待防止、消費者被害救済、相続、遺言など。

  3. 女性や子供の権利にかかる法律問題
  4. 離婚、DV、労働問題など。

  5. 社会保障にかかる法律問題
  6. 年金、労災、介護保険、自立支援給付、健康保険など。

弁護士会等公益活動

奈良弁護士会高齢者障害者支援センター運営委員会委員
日弁連高齢者障害者の権利に関する委員会委員
日弁連貧困問題対策本部委員
奈良県人権施策協議会
奈良県社会福祉審議会児童養護部会

講師・講演歴

(最近のもの)
■滋賀社会保険労務士会・成年後見人養成セミナー「成年後見と財産管理について」(2014/3/1)
■クレサラ実務研究会(静岡)「障害年金に関する相談対応〜年金をもらえるはずなのにもらえない人をどうサポートするのか」(2014/6/21)
■介護実習普及センター「高齢者虐待の防止について」(2014/8/1)
■奈良県人権部落解放研究集会パネルディスカッション「子供の貧困問題の原因と対策」(2014/9/28)
■宇陀市人権推進協議会「地域で高齢者を支えよう〜悪徳商法・高齢者虐待の防止のために」(2014/10/26)
■大阪弁護士会「様々な社会保障制度の活用〜実際の相談事例をもとにして」(2014/11/18)
その他、「成年後見」「高齢者虐待防止」「離婚問題」等について講演多数

コメント

 私は5人兄弟の長女で、家計が苦しく、大学に通うのに、毎月叔父から仕送りを受けていました。叔父の一人息子は、先天性の自閉症であり、私は、叔父の話を聞きながら、障害を持つ子供の親の苦悩を実感してきました。豊かか貧しいかに関係無く、その人の行いの善し悪しにも関係無く、「障害」というのはある日突然、偶発的におこるのです。  また高齢期においては、認知症やその他の病気により、人は、必然的に、障害のある状態になっていきます。しかし、今の日本は、障害を持つ人やその家族にとって、障壁だらけの生きにくい社会です。障害があっても、自立した生活を送り、搾取されず、権利が守られるようにするのにどうしたらいいのか。もし法律的なことで手助けできるなら、叔父への恩返しの意味も込めて、身近で気軽に相談できる弁護士でありたいと考えています。
 2014年12月時点で、高齢者や障害者の方の成年後見人等として、法定後見23件、任意後見11件を受任し、今後も、この分野に専門的に取り組んでいくつもりです。また広く成年後見制度が根付いていくように、地域の中で、福祉的理念に基づいた成年後見人の人材育成をしていくための活動をお手伝いしたいと思っています。
 高齢者や障害者の法律問題に多く取り組んでいくうち、社会保険や労働問題にも興味がわき、2008年に社会保険労務士の試験に合格して、2009年9月から登録しています。将来的には、年金等の専門相談も行っていきたいと考えています。

Copyright (C) Nara Sougou Law Office. All rights reserved.